昭和四日市石油株式会社 SHOWA YOKKAICHI SEKIYU CO.,LTD.

CLEAN AND GREEN Yokkaichi Refinry
サイトマップ 個人情報保護方針 交通アクセス HOME
大 中 小
 ホーム > 環境・安全活動 > 環境対策
環境・安全活動 Environmental・Safe activity
トップのメッセージ
弊社のHSSE管理システム
保安管理方針
安全対策・防災対策
環境対策
石油Q&A 環境報告書 採用情報はこちらから

環境・安全活動

環境対策

環境・健康負荷低減への対応

ガソリンの低ベンゼン化

発がんのおそれのあるベンゼンの排出量低減のため、ベンゼンの含有量を1%以下に抑えたガソリンを出荷しています。

軽油・ガソリンの低硫黄化

自動車排ガスのクリーン化を目的に、軽油中の硫黄分は2007年1月、ガソリン中の硫黄分は2008年1月から、10ppmwt以下に規制されています。
石油連盟に加盟する石油精製・元売各社は、規制に先行して2005年1月から低硫黄軽油および低硫黄ガソリンの出荷を開始しています。

軽油深度脱硫装置 分解ガソリン脱硫装置

環境にやさしい製油所を目指して

大気汚染/水質汚濁の防止

良質な自家用燃料の使用、高度な排ガス処理技術及び水処理技術の採用、騒音の防止、等の推進を図り地域環境の保全に努めております。

活性汚泥排水処理装置  排煙脱硫/脱硝装置 排出ガス中のSOX、NOXの除去を行います。

省エネルギーの推進

製油所では原油の精製過程でエネルギーを消費し、温室効果ガスとなるCO2等を放出しています。したがって、私たちは経済効果ばかりでなく、地球保全という観点からも、より効率的な石油精製設備の構築を目指して継続的な努力を行っています。

当製油所では、高効率機器類の導入、廃熱回収設備の導入、省エネルギー運転支援システムの導入など、エネルギー効率の一層の改善に毎年努めております。当製油所におけるエネルギー効率を示すエネルギー消費原単位については順調な削減が進んでおり、今後も省エネ活動を継続することで、更なるエネルギー効率の改善と環境負荷の低減を目標としています。

ページトップへ